一般財団法人 東京都交通安全協会 > トピックス > 自転車指導員養成講習の開催(年2回)

トピックス

自転車指導員養成講習の開催(年2回)

2020年4月2日

目的
 自転車の交通事故防止を目的として、自転車の正しい乗り方を指導する指導者を育成するため、毎年、年2回実施しています。
 令和2年度は
 ○1回目は、4月17日(金)荒川自然公園(交通園)で実施を予定していましたが、新型コ
 ロナウイルスの影響により延期となりました。今後の実施時期は未定です。
 ○2回目は、10月19日(月)に田無自動車教習所で予定しています。
 
申し込み要領
 第2回目自転車指導員養成講習は、8月上旬に各地域交通安全協会宛に文書を配信いたしますので、各地域交通安全協会に直接申し込みをしてください。
 
講習の流れ
 自転車指導員養成講習では、安全対策部長の挨拶の後、警視庁交通部による都内の交通情勢と交通安全対策について講義を受けた後、自転車シミュレータ体験、実技訓練、学科試験等を経た後、講習修了証を交付しています。指導員認定証の有効期限は5年間で、主なボランティア活動として、警察に協力し街頭での交通安全活動を行っております。
 
安全対策部長の挨拶 自転車シミュレータ装置取扱いの説明
実技訓練状況 修了証の交付状況

知ってるよ いつもの道でも みぎ ひだり 免許証を 返す勇気が ふせぐ事故 歩道では 歩行者優先 忘れずに シートベルト 必ず締めよう 全座席 許しません 飲んで乗る人 飲ます人 運転は あごひもしめて 気もしめて 一台の 駐車が招く 事故・渋滞