一般財団法人 東京都交通安全協会 > トピックス > 自転車指導員養成講習の開催

トピックス

自転車指導員養成講習の開催

2020年7月15日

目的
 自転車の交通事故防止を目的として、自転車の正しい乗り方を指導する指導者を育成するため、毎年、年2回実施しています。
 
日時・場所
 10月19日(月) 午前9時30分から午後4時00分までの間
 交通安全教育センター
 東京都世田谷区喜多見1−1−7

 ※新型コロナウイルス感染状況によっては中止する場合がございます。
 
交通機関
 電話でお越し方は
  小田急線「成城学園前駅」下車→小田急バス「下宿バス停」下車 徒歩約30分
 ※車でもお越しいただけます。
 
申し込み要領
 自転車指導員養成講習は、8月上旬に各地域交通安全協会宛に文書を配信いたしますので、各地域交通安全協会に直接申し込みをしてください。
 
受講定員
 40名(各地域交通安全協会2名までの推薦といたします。 定員に達し次第締め切らせていただきます。)
 
受講資格
 認定後、警察署及び地域交通安全協会と協力できる方
 ※活動内容
  警察署及び地域交通安全協会が主催する自転車教室等に指導員として参加できる方。
  警察署及び地域交通安全協会が街頭活動等を行う際に指導員として参加できる方。
 
講習の流れ
 自転車指導員養成講習では、安全対策部長の挨拶の後、警視庁交通部による都内の交通情勢と交通安全対策について講義を受けた後、自転車シミュレータ体験、実技訓練、学科試験等を経た後、講習修了証を交付しています。指導員認定証の有効期限は5年間で、主なボランティア活動として、警察に協力し街頭での交通安全活動を行っております。
 
安全対策部長の挨拶 自転車シミュレータ装置取扱いの説明
実技訓練状況 修了証の交付状況

知ってるよ いつもの道でも みぎ ひだり 免許証を 返す勇気が ふせぐ事故 歩道では 歩行者優先 忘れずに シートベルト 必ず締めよう 全座席 許しません 飲んで乗る人 飲ます人 運転は あごひもしめて 気もしめて 一台の 駐車が招く 事故・渋滞